一戸建て新築の際の部材コストの削り方

一戸建てを新築する際にドアやサッシ、手すりなどはオーダーでつくろうとすると既製品の何倍ものコストがかかります。既製の普及品の中から、シンプルなデザインのものを探してひと手間かければオリジナリティのあるものに仕上げることも可能です。

知って納得のコンプレッサーの買取に関する情報をすばやく探せます。

たとえば、無垢材の無塗装室内ドアをペイントする、既製品のサッシを組み合わせて個性のあるデザインにしたり、工事費をおさえるのであれば、新築プランをたてるときに相談して、一部DIYに挑戦する選択もあります。

特に無塗装のフローリングに施すワックスやオイルの仕上げ作業は時間と根気さえあれば、素人でも気楽にトライすることが可能です。



家族みんなで仕上げることで新築一戸建てに対しても愛着がわき、よりマイホームだという実感がわくようにもなります。


また、意外と知られていないのが、一戸建てに使用する階段の既製品です。

空間のポイントにするのでなければ、既製品の階段を利用するのも一案になります。
そのほかにも、和室を設ける場合には、昔からある稲わら100パーセントのわら床の畳は材料の入手が困難なこともあって、1畳何万円もする高級品になりましたが、わらを使わない建材畳床のつき畳は1畳1万円前後で購入可能です。



和紙畳は価格が高めですが、耐久性があります。半畳の縁なし畳は製作に手間がかかり材料を多くつかうため、縁つき畳に比べて割高になるので、畳表や畳床により価格に差が出ることを把握しておくことが必要です。