Skip to content

医療にも役立つ子供用GPS

子供用GPSは、防犯目的で使われる事が多いですが、これを医療分野でも活用する事が出来ます。持病を持つ児童が外出をした時に、持病を発症して救急車が必要な状態になった時、どこで倒れたのかを把握しなければいけません。このような時に、児童に子供用のGPSを持たせておくと、端末から位置情報が発信されるので、保護者や医療関係者のスマートフォンで児童がいる現在地を知る事が出来ます。病気によっては、早い処置が求められる事があるので、迅速に患者を探し出すには有効な方法です。

子供用GPSの利点は、スマートフォンや携帯電話の持ち込みが禁止されていても、防犯の観点から持ち込みが認められているケースが多い事でしょう。犯罪や事故に巻き込まれるだけでなく、アナフィラキシーショックや喘息など症状が出て悪化すると死に至るケースもあるので、即座に子供の位置を把握するのにGPSは役立ちます。医療分野で使う場合には、院内での利用も想定出来ます。大きな病院に入院している場合、どこかで倒れていると気づかない可能性もあります。

子供の患者にGPSを普段から持ち歩かせておくと、突然発作が起こって倒れたとしても、短時間で位置を把握して処置を行えます。患者の位置把握は、医療現場では重要な意味を持ち、素早く処置を行えば、重症化したり、命を落としたりといったリスクを避ける事が出来ます。端末の導入は、より良い医療の現場を作るのに重宝します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です